こんにちは、ラララです(*´▽`*)

てんかん患者で生活が厳しいという面では、発作が数ヶ月に1回とか年に1回とかの人だと思っています。

免許もない、障害年金もでない。

1回でもてんかんの大発作を起こすと最小でも2年間、車の運転が出来なくなります。

つまり車に乗れません。

しかし、年1回程度の大発作では障害年金は貰えません。

1回大発作を起こすと車の運転が制御され、生活の質が制限されます。

でも、1回くらいじゃ障害年金は貰えない・・・

都道府県によっても変わるのでしょうが、生きづらくてしょうがないです。

 

スポンサーリンク

年1回のてんかん発作の重大性

大発作が1回でもあれば、生活が苦しくなります。

てんかんだということに変わりはなく、仕事にも影響します。

それだけで面接は受かりにくくなりますし、出来る仕事も制限されます。

それどころか仕事を自主退職させられることもあるみたいですね。

仕事はないけど、年金は貰えない・・・

それどころか年1の発作では障害手帳も貰えるか怪しい。

私は最初は障害手帳1級だったのですが、1年前に更新したら3級になりました。

1級と3級では、受けれるサービスや内容が全然違います。

ポジティブな考え方をしたら、普通に働ける証だといえなくもないですけど・・・

でもてんかんは、倒れるだけが発作ではないですよね、、

目で見えない細かな変化や、悩みは人からは理解されにくいです。

 

スポンサーリンク