こんにちは、ラララです(*´ω`*)

 

ついに、ついにー!運転免許が戻ってきましたー!

最初に倒れてから3年と半年ちょっとくらいです。

障害者になってから、ずっとまた運転することを目標にしていました(>_<)

 

てんかんは一定の条件で免許を取ることが出来ます。

(1) 以下のいずれかの場合には拒否等は行わない。
ア発作が過去5年以内に起こったことがなく、医師が「今後、発作が起こるおそれがな
い」旨の診断を行った場合
イ発作が過去2年以内に起こったことがなく、医師が「今後、x年程度であれば、発作
が起こるおそれがない」旨の診断を行った場合
ウ医師が、1年間の経過観察の後「発作が意識障害及び運動障害を伴わない単純部分発
作に限られ、今後、症状の悪化のおそれがない」旨の診断を行った場合
エ医師が、2年間の経過観察の後「発作が睡眠中に限って起こり、今後、症状の悪化の
おそれがない」旨の診断を行った場合

という条件ですが、私は(イ)の診断を貰うことが出来ました。

x年の欄は3年でした(*´ω`*)

 

スポンサーリンク

免許を受け取りに免許センターへ

 

理由がある場合の免許失効は、普通の人の失効とは少し違いました。

診断書を提出する必要があったりもするので、私だけ個別で対応されることも多かったです。

後の視力検査だったり、失効した人の講習は同じ教室でしたが、免許を貰うのも私は講習終了後に個室で貰いました。

 

 

失効の講習で驚いたのは私以外にも、こんな田舎なのに免許失効した人がいるということでした。

失効した人は私みたいに数年免許が失効していた人も多かったらしく、ここ数年で変わった道路交通法の話を聞きました。

普通免許の数が増えていたり、複雑な道路が増えていたり。

後は最近多い、高齢者の運転講習とかでした。

 

重みが違う

とてもうれしいのですが、免許証を受け取って分かった重み。

てんかんになる前に取った免許と、今のてんかんになった後の免許では全く違いました。

【事故を起こさないようにする】というのは当たり前なんですが、特に私にははすごい重要です。

 

 

私がもし小さな事故でも、てんかんが関係なくても「てんかん患者」だからという理由で、白い目で見られる可能性があるということです。

これは私だけの問題ではなく、私のせいで私以外の「てんかん患者」も白い目で見られる可能性があるんじゃないかと、貰った後に思いました。

あの頃より気を引き締めて運転しないとです。

 

ですが今日くらいは免許が戻ってきたことを楽しみたいと思います(*’ω’*)

 

スポンサーリンク