てんかんを知らない方に読みやすいよう、難しいことは省いてぱぱっと簡単にてんかんの記事を作りました。

てんかんとは、脳の電気信号が乱れ、興奮し発作が起きてしまいます。

てんかんといえば「意識を消失して泡を吹いて倒れる」というイメージが強いです。

しかし、これはインパクトが強すぎて「意識消失=てんかん」というイメージが世間では出来上がってしまいましたが、倒れるだけがてんかん発作ではありません。

 

スポンサーリンク

 

100人に1人がなる病気

 

てんかんは100人に1人がなる病気で人口の1%ほど、日本には100万人、世界中で5000万人いると言われています。

てんかんは、子供の頃になるものといまだに思っている人も多いですが、実際は老若男女関係なく発症します。

ですが、子供の発症率が大人よりも高いのは間違いありません。

しかし近年は子どもより高齢者のてんかんの方が多いという話を、てんかん専門医から説明されました。

反対に私のように低確率ながら、大人になってからてんかんを発症することもあります。

私がてんかんになった20代は、全体の数%の確率しかありませんでしたが見事に発症してしまいました。

 

 

てんかん発作を大きく分けると!

 

てんかんには、大きく分けると2種類あります。

全般発作と部分発作に分けることが出来ます。

どちらもてんかんであることには変わりないのですが、症状などが違います。

 

全般発作

 

全般発作は、脳の興奮が全体に広がってしまいます。

殆どの場合は、意識を失います。

全般発作は、さらに細かく分かれています。

 

部分発作

 

部分発作は、脳の一部が興奮する発作になります。

細かく単純部分発作複雑部分発作に分かれます。

 

単純部分発作は、本人に意識があり発作中も自分がどんな状態か分かります。

複雑部分発作は、意識もなく本人は覚えていません。

急に動作を止め顔もぼんやりし、自動症という行動をとってしまったりします。

自動症とは、発作中は意識がなく本人も覚えていない行動をしてしまうことです。

自動症自体は数分で収まりますが、その後のもうろう状態が数十分続くことがあります。

自動症でよく聞く症状がこちらです。

 

・口をパクパク、ぺちゃくちゃさせる。

・唇をなめる。

・うろうろ歩き回る。

私の主治医が言っていたことですが、過去の患者さんに「運転も出来ないのに、気がつくと乗り物のエンジンをかけていた人がいた」事例があったそうです。

 

実例の症状

 

てんかんの症状は1人1人違うので、私のてんかんの症状の実例をご紹介します。

私のてんかんの種類は、複雑部分発作と医者に言われています。

しかし、自動症などの症状は私にはありません。

発作が起きるときは、10秒ほどの前兆があります。

その間、頭の中で耳鳴りがして、段々と耳鳴りの音が大きくなります。

そして意識もどんどん薄れていき、気が付くと「倒れて痙攣していた」と周りの人に言われます。

目覚めたばかりの頃は意識がもうろうとしていて、頭がはっきりして完全復活するまでには30分~1時間程度かかります。

倒れるたびに、たんこぶが出来たり、一生消えないであろう傷が出来たり、眼鏡が壊れるという被害がよくあります。

私が倒れて、無傷だったことは・・・あまりないかもしれません。

眼鏡が壊れるのが、地味に痛い出費です(笑)

 

 

車の免許

 

てんかんになると「車の運転が一生出来ない」と思っている人がいますが、条件付きで乗れるようになります。
以下が転が出来る、条件です。

過去5年発作が起こっていなく、今後発作が起こるおそれがないと医者から診断されたとき。

 

  1. 運転に支障のある発作を2年起こしたことがなく「今後〇年程度は発作が起こる心配がない」と医者から診断されたとき(年数は医者が決める)
  2. 1年の経過観察+意識・運動障害のない部分発作に限り、なおかつ悪化の心配がない。と医者から診断されたとき。
  3. 2年の経過観察+発作が睡眠中だけで、その後も悪化の心配がないと医者から診断されたとき。
  4. 発作が5年間起こったことがなく「今後発作が起こる心配がない」と医師から診断されたとき。

 

てんかん発作を起こしていない、または運転に支障のない発作しか起こしていない+期間が数年必要ということですね。

実は私の目標も、再度免許を貰い、車を運転することです!!

てんかんでも免許が欲しいと思っておられる方は、これからでも、途中の人も、てんかんを安定させて一緒に頑張りましょう!!

 

スポンサーリンク