読んでくださりありがとうございます。

大人になってからてんかんを発症した、バイクと音楽を愛する「イチノセ ヒカリ」といいます。

 

てんかんになるまでと、なった後を振り返りつつ自己紹介をしたいと思います。

今まではアメブロで、「ラララ」という名義でブログを書いていました。

てんかんアメブロはこちらをクリック ⇒ 【ラララという生き方】

そして別名義のアメブロで「さち」という名前でアルコール依存症の家族をテーマにしたブログも書いていました。

アルコール依存症ブログはこちらから ⇒ 【アルコール依存症の父から逃げました。】

ちょっとした自慢は、アメブロの頃に2つのランキングサイトで1位を取ったことです(*´ω`)

 

てんかんに勝つ。

 

大人のてんかんは一生薬を飲み続けなければならないので、人それぞれ色々な解釈があると思います。

私の趣味や好きなことは、バイクや車の運転でした、それが急にてんかんになってから乗れなくなってしまいました。

 

なので私にとっては2年間、発作を起こさずに運転免許証をまた貰えた時こそ、自分にとっての【てんかんに勝った日】になると思っています。

私は現在、障害者枠の会社で働きながら障害年金を受給させてもらい、1人暮らしをなんとかしています。

てんかん発作も1年以上起きていません、2017年4月が最後のてんかん発作です。

最近は毎日あと何ヶ月で2年経つか、指折り数えて考える日々を過ごすまでに回復しました。

 

これまでの人生

 

そんな私の右往左往してきた人生は、子どもの頃から【1つ上手くいくと、1つ何か大きな問題が起きる】人生でした。

もうこのこの法則は自分の中でジンクスになりつつあります。

 

・小さいころは、アルコール依存症の父親の元で育つ。

・高校に入学するも⇒転校。しかし無断で2時間で帰り、その後二度と行かずに10代は遊び7仕事3な生活。

・将来を考え、手に職をつけようと資格を取り、介護施設で働く。

・介護施設で働き始め、やりがいを感じるもヘルニア発症⇒ほどなく退職。

・ヘルニアの名医を探して手術するも、術後の安静期間中に階段で意識を失い、転がり落ちて入院。

・医者からの「てんかんではないと思う」との診断を受けるも、今度はプールで倒れ、てんかんと診断。

・それから頻繁にてんかん発作をおこす。

・てんかんになって1年後、落ち着いてきたので仕事を探し、見つかる。

・このころから、父親の依存症が更に酷くなり、悩む。

・同時期にてんかん発作がまた起き、会社でも倒れる。

・どんどん心の余裕がなくなる。

・自分自身が潰れるとおもい、勢いで1人暮らしを始める。

・少し心の余裕ができる。

・経験をいかし、本格的にブロガーになろうと決意。

・現在、順調に発作を起こしてない期間更新中。

そして今に至ります(笑)

自業自得なものも多いですが、私の20代は病気とアルコール依存症の父親に悩まされ続けました・・・(笑)

 

少しでも同じ思いをしている皆さんの役にたったり、楽しんでもらえたら幸いです。

これからもよろしくお願いします。