こんにちは、ラララです(*´ω`*)

ちょっと古い話ですが、私が小学生だった頃の吹奏楽部マーチング。

よくよく考えたら15年以上前になるんですね!

ビックリよりショックが大きいです(笑)

でも自分の中の楽しい思い出を探すと、いつもこの話になります(笑)

 

スポンサーリンク

辞めたくて仕方なかった

全国大会常連だったので、夏休み返上で練習していました。

そもそも入部したキッカケは小3の冬でしたか・・・

担任が吹奏楽部の顧問だったんです。

学年中に配られた入部届。

担任が顧問だから入部届を配る際に、先生が熱く音楽のことを語ったんです。

 

 

小学生とは単純なもので、吹部の顧問が担任だった私のクラスが取り分け吹奏楽部への入部が多かった気がします。

ラララ少年もしかり、音楽に憧れて入部届をだしました。

入部は冬だということもあり3年生は楽器を選んで基礎練習だけだった記憶があります、問題は次の年の4年生。

夏休みはない、放課後は毎日5時6時まで練習だった記憶があります、そして土曜も練習。

動き回るので毎日クタクタ。

小さいころからグータラだった私には耐えがたいものでした。

あと男子だからという理由で4年生の時は楽器も重いものを持たされました。

これらが耐えれなくて、毎日辞めたいと思っていました。

おかげでこの時の楽器は未だにトラウマです・・・

 

でも辞めれませんでした。

 

顧問が担任だったからです(笑)

何度か辞めようと試みたことがあります。

ぜーんぶ失敗に終わりました。

退部を許してくれないヤサシイセンセイデシタ(´・ω・`)

私の学校は2年ごとに担任が変わる学校だったので、だから5年生になったら辞めてやろうとずっと思っていたのです!

結果5年でもまた顧問が担任になりました^^

結局小学生の頃はずっと吹奏楽部に身を置くことになったのです。

私が小学校卒業したと同時に、この先生も違う学校に配属されました。

次の年に大量に退部したらしいです(笑)

 

 

でも、人生で一番頑張ったのは間違いなくマーチングをしていたこの3年間です。

100人以上の部員がいたので、吹いているフリもしたことがありましたが・・・

今となっては中学でも続けていたら何か変わっていたのかもしれません。

続けててよかったと思います。

あの頃の自分に花丸を上げたいです(*´ω`*)

残念なのは年々この母校の吹奏楽部が廃れていって、今では部活が廃部になったということですね。

この頃の担任に会えないか、ついでに母校の演奏会に行けないか調べていた時に、その事実を知りました。

最後の年は10人いなかったみたいです、時代ですかね。

 

スポンサーリンク