こんにちは、ラララです(*´ω`*)

昨日は普通に寝れまして、一安心です。

多分ゴールデンウィーク明けだということが影響しているのでしょうか(笑)

 

スポンサーリンク

薬の調整

 

今の病院に変わり、なんと今飲んでいるてんかん薬2種類のうち、1種類が有効なラインまで効いてないことが判明(´・ω・`)

もう一種類の方も辛うじて効いている程度だったことが分かりました(笑)

ただいま薬の調整中ですが、少しずつ薬の量を増やしている最中です。

 

 

ラミクタール朝夕100mgずつを飲んでいましたが、これが辛うじて効いている程度だということが血液検査で分かりました。

今はジェネリックの「ラモトリギン」を処方されています。

今の病院は今年から転院して通っていますが、ラミクタールのジェネリックがあることを知ったのもこの病院に来てからですね(笑)

それを朝25㎎増やし、2週間かけて夕も25㎎増やしました。

ただし、これでも先日の診察で血液検査をしたところ、まだ効きが甘いみたいです。

そして先日の診察で更に朝2錠追加で飲むことになりました。

「最終的にはもうちょっと増やします」との話で、更に2週間かけて夕も2錠追加で飲むことになるとのことです。

 

2週間後も含めると計算が合っていたら朝150㎎ 夕150gmで計300㎎くらいになるのでしょうか?

この薬の1日用量は400㎎が最高らしいので、もう少し増やすのですかね~

とにわかくにも、この薬は私にとってとても重要な薬です(‘ω’)ノ

てんかん大発作を止めてくれた恩人ならぬ恩薬さんです。

 

治療している実感、専門医の大切さ

 

今の病院になって、やっとてんかんの治療が始まったなーという実感があります。

私は過去にヘルニアの手術をしたことがあります。

しかし、他の病院では手術するほどではないと言われ、結局腰を引っ張ったり電気だけのリハビリ治療の日々。

なんどブロック注射をしたことか・・・

全然治らないヘルニアに困り果てたときに専門医を探して診察をしたらあっさりと診察で困っていることを的確に診断してくれて、手術することが出来ました。

ヘルニア自体は確かにあまり大きくとび出ているものではありませんでした。

ですが、飛び出し方が悪かったみたいで、そこを今までの病院では分からなかったのだと思います。

 

 

話がそれてしまいましたが、その分野での専門医はとても力になります。

それは「てんかん」もしかりです。

前の病院のままでは、満足のいく診察はできていませんでした。

今の病院は、日本てんかん学会専門医のリストには名前がないですが、とてもてんかんに詳しく、専門医と言ってもいいくらいの先生です。

あのリストには私の住んでいるところには小児科しかありませんでした。

だから絶望していたのですが、本当にあえてよかったです。

 

スポンサーリンク