障害者の1人暮らし、同じ境遇で1人暮らしを考えている方は気になるところだと思います。

私はてんかんという障害を持ち、勢いで1人暮らしを始めました。

しかし、それまで1人暮らしを考えてはいましたが、行動に起こすことが出来ませんでした。

ですが、それはどうやら私だけの悩みではないということを知りました。

以下記事に、私のひと月分の生活費を細かく書いてみました。

てんかんで、自立や一人暮らしを考えているかたの参考になればうれしいです。

 

スポンサーリンク

 

1ヶ月の生活費

 

・給料+障害年金 約13万~15万円の収入。

・家賃+共益費、水道代込み 40000円

・ガス代 平均3000円

・電気代 平均3000円 (季節で大幅変動あり)

・スマホ+ネット料金 15000円

・食費 大体20000円前後くらいです。

 


 

詳細

障害年金を月で割ると、1ヶ月に約6万ちょっとの支給になります。

そこからA型事業所で働いたお給料をもらっています。

私の場合は、その他にローンなどで出費がありますが、これは人によりけりなので今回は入れないでおきます。

 

家賃・光熱費

家賃+共益費、水道代固定の物件に引っ越しました。

なので元々の家賃としては3万5千円+諸々込みで4万円になります。

水道代はいくら使っても固定なので、料金は変わりません。

私のアパートのガスはプロパンガスです、都市ガスだとプロパンガスより安くなります。

ガス代は風呂の浴槽に毎日入る人は高くなります。

私は湯船に入らないので、ガス代はこの値段になりますが、冬はどうしても長くシャワーを浴びてしまうので高くなる傾向にあります。

電気代は夏冬と高くなります、エアコンの冷房暖房が多くを占めます。

その分春秋はとても安いです。

 

 

スマホ+ネット料金

スマホ料金が約1万くらい、インターネットが約5000円、計15000円です。

ブログを書くにもインターネット料金、スマホ料金は必須で削れないです。

ここから費用削減となると、スマホを格安スマートフォンにすることが第一候補でしょうか。

しかしキャリアならではの利点もあるので、私はキャリア契約をしています。

 

 

食費

私は1日2食、昼夕のみの食事です。

そして平日の昼ご飯は、会社でお弁当をとっています。

昼食代を差し引いた金額を給料として貰っています。

ということで20000円前後の金額は、平日1食分と休日の2食分の食費計算になります。

ですが、私は最近はほとんどコンビニとかスーパーの弁当が多いです。

自炊すると、もっと安くはなりそうではあります。

1人暮らしを始めて間もない頃は、ほとんど冷凍食品でした。

その頃は今よりも食費が安かったような気がします。

 


 

改めて生活費を見直して

この記事を書くために改めて生活費を見直しました。

最初は冷凍食品を小分けにして食べてたけど、さすがにラインナップが少なくて弁当に変わったり。

そのあと自炊するようになりましたが、段々回数が減ったり。

今は弁当すら飽きてきていたり。

こうやってみると、節約できそうなところがいっぱいありますね。

 

スポンサーリンク